猫の手も借りたい

長らくホームページの更新もブログの投稿もできないまま、気が付けば1年近くが経ってしまいました。なんと不精なことでしょう…。

今年は雨も多く、梅雨だか夏だかわからないまま猛暑を超え、一瞬だけ金木犀のいい香りに癒され、アッという間に寒くなってきました。四季を感じることは訪問看護の醍醐味でもありますが、コートを着て出かけるスタッフを見送ると「早く春が来るといいのになぁ」と思います。

さて、話を戻しますが…こんなにも筆不精なのにはちゃんと理由があるのです(言い訳です)

開設まもなく猛威をふるった新型コロナウィルス感染症。感染してしまった患者さんへの訪問看護、病院や施設での面会制限が切なくて在宅療養を選択した利用者さん、リモートワークが増え在宅での介護が可能になったご家族、その他多くの方々から訪問看護のご依頼を頂きました。連日連夜ドタバタと忙しくしていました。

とにかく忙しい。でも楽しい。

開設以来、「ご依頼を断らない」「なんとかする」をモットーに頑張ってきました。いよいよ私を含めスタッフ8名がフル稼働+αになり、9月以降は数件お断りしてしまいました(タイミングが合わなかった方、申し訳ありません)

それでも元気に飛び回り、互いに協力してくれるスタッフに支えられ今に至ります。胸を張って自慢しますが、Giftのスタッフは優しい。とにかく優しい。利用者さんにもご家族にも、そして私にも優しい(嬉しい)。 そして手厚く丁寧で且つしなやかで逞しい。

そんなGiftのスタッフの仲間入りをしてくれる人はいませんか?

猫の手も借りたい毎日です。

関連記事

  1. 所長はここで呟く

  2. クリスマスリース

    クリスマスリース

  3. 看護補助という仕事

  4. 開設1年が経ちました

PAGE TOP